紫村昌太郎の室内映画渉猟記 ‐我が部屋こそがグラインドハウス‐

当方名古屋市在住の四十路男子。見るは娯楽映画一筋。いい年こいてのB級趣味。

「メガ・スパイダー」

2013年のアメリカ映画

監督 マイク・メンデス

脚本 レゴリー・ギエラス

宇宙遺伝子を持つ凶悪なクモが人間を餌として巨大成長し、市街地は大パニック。

政府軍が動く中で、害虫駆除業者のアレックス(グレッグ・グランバーグ)はガードマンのホセ(ロンバルド・ボイアー)、女兵士のカーリー(クレア・クレイマー)と独自の退治に立つ。

面白いモンスターパニック物

残酷と破壊のブラックユーモアがたっぷり。

名作「キングコング」や70年代の怪作「ジャイアント・スパイダー」へのリスペクトやパロディーもそこかしこに見受けられ、上映80分を楽しませてもらった。

ブロンドヴィーナスを危機から救うため、巨大グモ相手に奮闘するメタボリックヒーローの男気に拍手。

 

Amazon CAPTCHA