紫村昌太郎の室内映画渉猟記 ‐我が部屋こそがグラインドハウス‐

当方名古屋市在住の四十路男子。見るは娯楽映画一筋。いい年こいてのB級趣味。

「マン・ハンティング」

2007年スペイン作品

監督 ゴンザロ・ロペス・ギャレゴ

広大な荒野の寂れたハイウェイを走行するキム(レオナルド・スバラグリア)と拾われたベア(マリア・バルバード)は、正体不明のハンターたちに狙われる。

主人公が男であるため官能度は薄いが、全体の活劇度はシャープ。途中で判明するハンターたちの正体、それを知ったキムの怒りよりむしろ戸惑いの表情で反撃に転じる様が印象的。

 

Amazon CAPTCHA