紫村昌太郎の室内映画渉猟記 ‐我が部屋こそがグラインドハウス‐

当方名古屋市在住の四十路男子。見るは娯楽映画一筋。いい年こいてのB級趣味。

「秘録怪猫伝」

デアゴスティーニ社の大映特撮映画DVDコレクションの42号。昭和44年作品。

監督は田中徳三、脚本は浅井昭三郎。

斬殺された竜造寺又七郎と自害した妹・小夜の恨みを黒猫の「たま」が継いで…との時代怪談。

主人公・小森半左衛門(本郷功次郎)のヒーロー振りよりも、敵役・鍋島丹後守(上野山功一)と矢淵刑部(戸浦六宏)のダークヒーロー振り。謀殺された又七郎の血まみれ亡霊、「たま」が乗り移った沢の井、お豊の方に怯えて狂乱の白刃を振るう様こそ和製ホラーならではの残酷と陰惨の美学。

しかし、作品そのものは、ひどく緩慢なテンポ、平板な展開で、退屈を覚えた。

 

Amazon.co.jp | 秘録 怪猫伝 [DVD] DVD・ブルーレイ - 本郷功次郎, 小林直美, 田中徳三, 浅井昭三郎