読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紫村昌太郎の室内映画渉猟記 ‐我が部屋こそがグラインドハウス‐

当方名古屋市在住の四十路男子。見るは娯楽映画一筋。いい年こいてのB級趣味。

「脱獄ドクターいのち屋エンマ」

3月某日ケーブルTVで見る。

 平成24年のOVA作品。監督は小沼雄一

元外科医の服役囚・円馬光也(須賀貴匡)が、超法規指令を受け、裏医者として活躍。「殺す」と「救う」、正反対の概念。まさにメディカル版「必殺」。スタイリッシュなイメージがいい。

www.mondotv.jp